TAR
  • Author:TAR
  • ex.ILLUMINA
    S.R.O.D.
  • RSS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甦るギター塗装編
趣味です。


どうしようかなぁーと、
とりあえず塗装を剥がした
とっても綺麗な色だったストラトw

処分するならスキルを身につけるべく
自分好みにリフィニッシュ!

迷いもなく黒!

さてさて、どうなるか⁉︎
素人のメモです。
写真も肝心な場面でないです…



缶スプレーラッカー仕様です!


まずは下地処理。

ボディ・ネックを600番でヤスリがけ。
粉やホコリを飛ばし、塗装開始!


最初に木に塗料が染み込まないように
木工用シーラーを少し光沢がでるくらいまで何度か吹きます。


次はサンディングシーラーを何度も吹きつけ、厚みを出します。

乾いたら、ヤスリをかけ面やアールをだします。
この作業で仕上がりが決まってしまうほどの大事な作業です!
ペーパーホルダーやあてゴムを使い地道に…ゴシゴシ手作業です。

かなり疲れたので、自分はオービルサンダーを使い面だし!
削り過ぎて木が出てしまった…
やり直しw

綺麗に仕上がったら色付けです。
ホコリをとってから、薄く何回も重ねるのがポイントです。
今回は周りは濃く、中心は木目が見えるくらいにしました!



缶スプレーはお湯で温めてから吹くと粒が細かくそろうよ!

で、ここで一回塗装のザラザラを取るため1000番?で軽くヤスリがけ。

軽く。

最後にクリアーでコーティング!
全体的に艶が出るまで、薄く何回も吹きます。
縦横交互に2缶つかいました。
ボディ2缶、ネック1缶。


表面はこんな感じ。


ネックの塗装ですが、黒にする予定が…

あまりにも木目が綺麗なのでクリアー塗装に変更!
実は一回黒にしたけど、木目の写真見て、やっぱりやめたんですw



ね?綺麗でしょ?

塗装はここまで!
乾くまで数日寝かします。

次の作業は水研ぎ!
大好きなピカピカです!


ほんとに自己満足、趣味の内容です。
ではでは。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rockdesign.blog59.fc2.com/tb.php/133-130bce0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。